レーザーシャワーとレーザーフェイシャルの違いとは?

美容医療の中には似たような名前の施術がたくさんあります。
光治療・IPL・レーザーシャワー・レーザーフェイシャル・フォトフェイシャル…調べるほど出てくる新しい単語に「私のシミはなんの治療をすれば良いのだろう?」と悩んでいる方はたくさんいると思います。

今回は当院でも人気の「レーザーシャワー」と「レーザーフェイシャル」についての違いをご紹介します。

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルではロングパルスアレキサンドライトレーザーを肌表面に照射します。色素細胞や毛包のメラニンに反応するためシミの治療、脱毛、ニキビ治療に使われているほか、肌のコラーゲンの産生を促進し、開いた毛穴の引きしめ、美肌効果も期待できます。

レーザーシャワー

波長の長いロングパルスヤグレーザーをシャワーのようにお顔全体に照射することで、表皮にダメージを与えず皮膚の深いところにある真皮層に熱を加え、コラーゲンに働きかけコラーゲン・弾性線維を活性化させます。
これにより紫外線老化による小ジワやたるみを改善させ、お肌にハリをよみがえらせることができます。またヤグレーザーは血中のヘモグロビンという色素にも反応するため余分な毛細血管を縮小させお顔全体の赤みも改善させることができます。

この記事へのコメントはありません。